画面に向かって空中元彌チョップ2.0

テレビと共にあらんことを。

画面に向かって空中元彌チョップ2.0

おすすめの記事はこちら
Powered by 複眼RSS

「すべてがFになる」を観てました。

f:id:einfall:20141225164329j:plain

新刷されたブックカバー帯はいい感じだったんですが、ドラマが徹頭徹尾イマイチでした。ブックカバーからイメージして作ったけれど、出来のイマイチなPVだったと思う方がいいかもしれません。原作からの改変も、意欲的、というより、明らかに予算とスポンサーの都合なんでしょう。

 

 

ドラマ以外の部分でいえば、綾野剛が「探偵役」を演じた事がすごく感慨深かったです。だってこの手のドラマで、さんざ殺されたり殺したり疑われたりする男ばかりやってきた綾野剛が探偵役だよ!? 何年か前に武井咲を脅すチンピラ役やってた綾野剛武井咲と探偵コンビだよ!? 同じような理由で吉田鋼太郎が話のわかる警察のお偉いさんポジションだったのも、感慨深い。

いままでのクズキャラの数多の積み重ねを経て、真逆の側に立った2人の佇まいはどこか居心地悪そうで、そのあたりは面白かったと思いました。

役者は全員ひとつも悪くないドラマだったと思います。

 

すべてがFになる THE PERFECT INSIDER S&M すべてがFになる THE PERFECT INSIDER S&M
森博嗣

講談社 1998-12-15
売り上げランキング : 319

Amazonで詳しく見る by G-Tools