画面に向かって空中元彌チョップ2.1

テレビがあれば楽しかった時代は終わったのか?

「わろてんか」を大体全話見たというだけの話

f:id:einfall:20180401140750j:plain吉本興業創業者夫妻の人生をモチーフにした朝ドラ「わろてんか」が最終回を迎えました。悪天候でメッチャ早く出社した時を覗いて大体全話視聴したはずです。

「役者が演技で魅せるとはこういうことだ!」みたいな瞬間は多々あったものの、あくまで個人技であり、物語としては、史実から大分時空のねじれたキレイな世界線で終始話が進んで終わった気がします。

 

芸能界が華やかであると同時に、業の深い側面を持つことを「ガラスの仮面」や、それこそ同じ朝ドラの「ちりとてちん」、更にスマートフォンで気軽に検索できる時代に、どうせ視聴者はイケメンとピチピチが泣いたり笑ったりしてればいいんデショ!? 戦争はダメだね絶対!つらいときこそ笑え!笑うんだ! を連呼して突き抜けていったので、やっぱり芸能という世界は業が深いなぁと思いました。

 

f:id:einfall:20180401161817j:plain