画面に向かって空中元彌チョップ2.1

テレビがあれば楽しかった時代は終わったのか?

「半分、青い」が見せつけた、面白ければそれでいいテレビの世界

 

f:id:einfall:20180930231359j:plain

朝ドラ「半分、青い」を大体全話視聴。

僕はこのドラマの登場人物の殆ど誰にも感情移入できなったのですが、これ途中から明らかに視聴者に感情移入させる気、作り手あんまりなかったよね?

その日のヒキと次の出だしが微妙に噛み合わないトカ(個人的にこれが一番毎日、終盤特にヒドくてキエエエエってなってた)、ヒロインが要所要所で歩くザラキよろしく周囲に罵詈雑言を撒き散らかすトカ、SNSでほぼ常時舞台裏や設定をネタバラシとか、とにかく視聴者の興味を引き、呆れさせ、怒らせる、いや私は面白い、好き、ドラマごときにプリプリするなんて大人気ない!という、ネガポジ関係なく反応させること、見てもらうことにステータス全振りみたいな…

f:id:einfall:20180930232817j:plain

「面白ければそれでいい」というのは、ほんのちょっと前までテレビの中でもマンガの中でも僕らの周りでも当たり前に近い概念だったけど、それはもうはっきり「古い」と言っていい感覚なんじゃないのかなぁと。このあたりの感覚の乖離がこのママ進むようなら娯楽コンテンツの多様化の中、本格的にテレビは埋もれていくのかもしれません。

f:id:einfall:20180930232824j:plain

とりあえず朝ドラがこの先コンテンツとして生き残りたいなら、出涸らしも出ないくらいに出尽くした感がすごい、「かわいい女の子がガムシャラに頑張ってイケメンもたくさん出る」話は、もう企画からやめた方がいい、ぐらいに来ちゃってると思うんですよね。

そういう意味だと次の朝ドラもネタとしては朝ドラ鉄板の「●●を夫婦が二人三脚で発明(今回はチキンラーメン)」なんだけど、長谷川博己出るのでちょっと期待している自分がいて、「面白ければそれでいい」呪縛からは乖離しつつあるけど、「いい男がいるならそれでいい」呪縛の方はなかなか根深いなぁと思うしきり。

f:id:einfall:20181001002029j:plain

 

 

 

「仮面ライダージオウ」は時空と経済を破壊するライダーなのか?

はじめに言っておく。まだ序盤も序盤、2話までが終わった時点での仮面ライダーの考察は非常に危険である。

平成ライダーをそこそこ見てきた経験則として、序盤で提示される問題や情報は、「あくまでこうなるかもしれないイメージでした」、というオチは非常に高い。でも!それでも!考察しちゃう!くやしい!だって結構面白かったんだもの!

 

<誰が、何のために、どうして、の整理>

仮面ライダーをがっぷりおつで見るのは「鎧武」以来なのですが、ずいぶんCM多くなったね…じゃなくて!人間関係が序盤なのにかなり複雑なのではないか…ということです。自分用メモも兼ねて書き出してみました。

 

  • ソウゴ:主人公。将来の夢は王様というマジキチ天然。50年後魔王になる。
  • ゲイツ:50年後からやってきた戦士。ソウゴを消したくてウズウズしている。
  • ツクヨミ:同じく50年後からやってきた少女。ソウゴは「違う」と感じる。
  • ウォズ:ソウゴを「王」に導かんとする青年。ネタバレしてくるので注意!
  • ウール:タイムジャッカーの少年。僕と契約して仮面ライダーになってよ!
  • 生瀬勝久:ソウゴの大叔父。若い時何かを成そうとして叶わなかったらしい。

f:id:einfall:20180909223746j:plain

↑ソウゴ君の「王様になりたい」発言はほとんどこれと同一だと思いました。マジキチなのでは…

あと書き出してみると、あからさますぎるぐらいに生瀬勝久怪しくない?実力派俳優を黒幕ミスリード起用するのは「お約束」ですが、ストレートに黒幕の可能性もあるし、とりあえずゲイツ君はソウゴ君より先にものは試しで生瀬勝久殴ってみよう。黒幕じゃなくてもガジェットのひとつも落とすかもしれないぞ!

 

んで、それぞれが何をしたいのかと言うと、

  • ソウゴ:王様になりたい。
  • ゲイツ魔王を倒したい。未来じゃ倒せないけど過去ならやれる!
  • ツクヨミ魔王を倒したい。でも魔王になるはずの奴が魔王っぽくないぞ。
  • ウォズ:我が王!
  • ウール:新しい王を擁立したい。僕と契約して仮面ライダーになってよ!
  • 生瀬勝久:かわいい従甥孫の進路が「王様」なのですげぇ心配

 

2話までが終わった時点で主人公の動機が一番わけわからないという…もちろん今後語られていくんだろうけど、彼が50年かけて魔王化するのか、突然魔王になったのかも不明なので、ゲイツ君はソウゴ君を消したくてウズウズしている暇があったら未来に何があったのかわかりやすく説明してください。

あとすでにしてそこはかとなくポンコツでいい人そうなのが滲み出してるゲイツ君と反して、行動の意味が実は全然わからないウール君の方は不穏です。

f:id:einfall:20180909182941j:plain

↑擁立した結果何が起こるのか、なぜそんなことをしようとしてるのか…

 

そんなこんなで過去に行ったりなんだりすったもんだの末、アナザーライダーは倒され事件は解決!…したように見えて、なんと先々週まで頑張ってたビルドが力を失うどころか存在が別人になるというショッキングな事態に…しかもそこあんまり引っ張らないし!なんで!?

これがどれだけショッキングなことか、主人公がわかってないということなの…?ゲイツ君たちが未来からやってきたのはこの「改変」を阻止することじゃないの…?

 

<時空と同じくらいさかしまにかえらないもの>

f:id:einfall:20180909182948j:plain

ちょっと話は変わりますが、ツクヨミちゃんが大江戸で出したデバイスフリックすると貨幣がジャラジャラ出てくる!

一見画期的なアイデアの産物に見えて、これ貨幣・流通の法則をガン無視してるよね?大江戸の貨幣価格大暴落だよね?

ネタだと思うんですよ、ネタだと。でもジョブズゲイツだウォズだと経済にも多大な影響を与えた人物の名を冠するキャラが登場しているなか、これは本当に無意味なネタだったのか?

考えてみたら時空と同じくらい、さかしまにかえらないものって流通なのでは?

何気ない行動、悪意のない振る舞い、困ってる人を助けたい、という自分が選んだ選択が、結果的に世界とライダーの運命を激変させたまま戻らない、というすさまじい代償の象徴なんじゃないの?と思ったのです。なんにも関係ないかもしれないけど…

 

<時空と経済を破壊する?ライダーの物語ははじまったばかり>

f:id:einfall:20180909182955j:plain

そんなこんなで考えだしたら眠れなくなるからライダーの考察は楽しくも厄介ですゲイツ君の目的は果たして達成されるのか!?

 

 

Netflixで「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」視聴

 

f:id:einfall:20180902225913j:plain

よくも悪くもその後のファンタジー映画の有り様を決定づけてしまった「ハリー・ポッター」シリーズの世界観を再利用した新シリーズの第一弾。物語の主役はこのお兄さんのはずなのですが、実質主役兼ヒロインは下のおじさんでした。おじさんが大冒険する映画でした。おじさんはすごい頑張った。

f:id:einfall:20180902225908j:plain

↑実質主役のおじさん。本当にふつうのおじさんです。

 

特筆すべきはやはり実在の魔女裁判事件に絡んだエピソードが重要な下敷きになっている点でしょうか。J・K・ローリングが絶対こだわっている、「親、もしくはそれに相当する人に愛されなかった、社会から爪弾きにされた子供はやがて…」みたいな要素も顕著。

やがて最強最悪と言われるヴォルデモート卿が生まれてくる素養が世界の中で順調に育まれている、全体的には暗さが目立つ、全く子供向けでない話です。おじさんがいなかったらどうなっていたことか…

 

f:id:einfall:20180902234703j:plain

 

 

 

雨が当たると死にます。「ザ・レイン」

f:id:einfall:20180617110615j:plain

Netflixで全8話イッキ見視聴。

いわゆるポスト・アポカリプスものです。雨が降ったら世界が終わりました。

この殺人雨を逃れ、シェルターに避難していた姉弟が物語の主人公です。まだ子供だった2人は父親の「必ず迎えに来る」という言葉を信じて、6年間シェルターの中で待っていたのですが、さすがに備蓄も尽き、外の様子もわからないままな現状にしびれを切らし、外に出て父親の足跡を辿らんとします。

少ない食糧を巡って争う人々、謎の行動を取る武装集団、身近な人物に隠された重大な秘密、やがて彼らは世界崩壊の核心へと迫っていくのですが…

f:id:einfall:20180617110619j:plain

↑主人公グループ。大体いつもお腹空かせてる。

 

雨に当たると死ぬ、ということから始まる「縛り」が面白かったです。雨がダメなら水もダメ、水がダメだから自給自足で植物も育てられないし、人間だけに有害なので水をガブ飲んでる動物の肉を食べることもできない。移動時も、水たまりは実質地雷原、橋が落ちてたら河渡れない、屋内に避難しても雨漏りに注意しないと…などなど、世界はすっかりハードモード。

ごく普通に考えたらとっくに滅んでいてもいい世界でなぜ細々とではあるけれど生き残りがいたのか、そもそもまるでこの惨劇を予期していたかのように各地にシェルターがあるのはなぜか、この雨はなぜ人にだけ牙を剥くのか…

空腹と疑心暗鬼と惨劇の中で、それでも人間性を発揮できるのか、それはどんな残酷な真実も越えうる力になるのか。そんな物語でした。シーズン2が作られるようですが、姉弟と仲間たちが無事に生きることができる世界に到達できるのか、楽しみです。

 

 

 

私たちだけが犯人を知っている―「黒井戸殺し」

f:id:einfall:20180415223322j:plain

三谷幸喜の描くエルキュール・ポアロ第二作。

先月他局でやってたアガサ・クリスティの翻案ものが実にイマイチだったのと、「真田丸」のキャストが多く出ているため、「真田丸」昭和編ぐらいの気軽さで見ていたら見事にやられました。とても面白かったです。

古典への敬愛から生まれた数々の国産名探偵へのオマージュが散りばめられているのも楽しかったですね。金田一耕助明智小五郎、最前線の杉下右京まで!

f:id:einfall:20180415231449j:plain

前作「オリエント急行殺人事件」同様、あまりにも有名な初見殺し、一発ネタ元祖のひとつなので、これ以上は見る機会があるなら、なんとなく録画してるのなら見て損はないよ!としか。

ただ事件が起きた!名探偵登場!華麗に解決!とは行かないのでご注意をば……華やかな世界から引退して片田舎でわめきちらしながらも平和にカボチャを作ってた名探偵が遭遇したのは間違いなく人間が生んだ地獄絵図だったのだから。

 

名探偵ポワロ Blu-ray BOX1
名探偵ポワロ Blu-ray BOX1
posted with amazlet at 18.04.15
Happinet(SB)(D) (2015-11-03)
売り上げランキング: 48,929

 

「わろてんか」を大体全話見たというだけの話

f:id:einfall:20180401140750j:plain吉本興業創業者夫妻の人生をモチーフにした朝ドラ「わろてんか」が最終回を迎えました。悪天候でメッチャ早く出社した時を覗いて大体全話視聴したはずです。

「役者が演技で魅せるとはこういうことだ!」みたいな瞬間は多々あったものの、あくまで個人技であり、物語としては、史実から大分時空のねじれたキレイな世界線で終始話が進んで終わった気がします。

 

芸能界が華やかであると同時に、業の深い側面を持つことを「ガラスの仮面」や、それこそ同じ朝ドラの「ちりとてちん」、更にスマートフォンで気軽に検索できる時代に、どうせ視聴者はイケメンとピチピチが泣いたり笑ったりしてればいいんデショ!? 戦争はダメだね絶対!つらいときこそ笑え!笑うんだ! を連呼して突き抜けていったので、やっぱり芸能という世界は業が深いなぁと思いました。

 

f:id:einfall:20180401161817j:plain

 

SMAPのいなくなった世界から一年以上経ちました。

f:id:einfall:20160221173609j:plain

ブログを一年とちょっと書いていませんでした。

またちまちまと書いていくのでよろしくお願いいたします。